スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日 断食最終日

大晦日です。
このブロ具をみてくださった皆さん本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

さて今日で断食を終えようと思います。
6日間断食して、今の僕の身体の状態はといえば、

① 体重が3キロ落ちました。

② 宿便らしき、真っ黒の便が、少量ですが出ました。断食3日目の夕方でした。

③ 五感が少し鋭くなりました。

④ ものの質感が変わりました。例えば草を見ていても今までのような感じではないのです。今まで見ていなかったあったかい感じというか、優しい感じというか、そういうものが伝わってきます。命の感覚なのかなあと思いましたが、コンクリートのような、無機物を見てもその質感が違います。おそらく子供の頃の世界に近くなっているのかもしれないと思います。

⑤ 静寂を感じるようになりました。

⑥ 空間を感じるようになりました。

⑦ 集中力がかなり高まっています。

以上のような変化がありました。改めて言葉にするのは難しいというか。自分の語彙の少なさが歯がゆいです。

断食中の辛かったことは、身体が冷えやすいこと。体温低下には気をつけなければいけないと思います。
気血の移動が早いので、本やパソコンなど、気が上に上がりやすいことをしていると、頭が痛くなりやすいです。できるだけ気血を下げるように意識を丹田に置くことが大切だと思いました。そうするとあまり食欲に悩まされることも少ないようです。

大切なのは、これからこの感覚を維持しさらにすすめていくような生活スタイルにもっていくことだと思っています。
たまに仕事の休みには一日断食もやろうと思います。(工藤投手もやってるらしいです)すると本当に身体がリフレッシュします。

新しい一年を迎えるための身体の大掃除が出来たような気がします。
スポンサーサイト

餅つき

昨日は餅つきをしました。
(餅つきしますと言っていた方ごめんなさい。今年は余裕がありませんでした。)

それにしても寒い中、雪が舞い散る餅つきでした。
断食中のお父さんにはさぞきつかったでしょう。
でも年末の餅つきは恒例イベントとして続けていくつもりです。

昨日のお餅のトッピングは、石臼引ききなこ、あんこ、黒ゴマでした。
今年はもち米ももちろん全部自家製でとっても幸せでした。

今日はしめ縄(以前に小学校の行事で作ったもの)も鏡餅も飾りました。お父さんがお手伝いするお蕎麦もいただきました。
お節料理までは今年も行き着きません・・・。
さあもうすぐお正月です。
みなさんよいお年を。

続・断食

ついに断食5日目に突入しました。
身体の奥のほうのゆがみやねじれが少しずつ少しずつ解けているようです。
妻が毎日テルミーという温灸をしてくれているのもとても効いています。
ありがたいです。
感謝がびしばし身体にしみこんできます。

しかし昨日の餅つきは少しこたえたなあ。

今日は一日蕎麦打ちです。(もつのだろうか・・・)

                            亨

断食

断食二日目が終ろうとしています。
梅干を入れたお茶だけでしたが、特に食欲との葛藤もなく穏やかに終ろうとしています。たださすがに今日のランニングはしんどかった。(駅伝が近いので毎日5から6キロ走っています)
断食しながら走るのってやっぱよくないのかなあ。
去年区間4位でしたが、もう少し上に行きたいので体重を落としながらしかも引きかけている風邪も治しちゃおうという一石二鳥作戦の断食です。

① 身体の中の気血のめぐりは確実によくなっています。

② 気分が穏やかで、普段結構追われながら生活していたのだということがわかりました。

③ 嗅覚がとても敏感になりました。

④ 例えば大豆を見ていると、ただみているだけで、とても愛しくなってしまいます。ありがたさが身体の奥からジワーッと出てきます。

駅伝のために始めた断食ですが、予想外の嬉しい効果が出てきています。さあ3日目の私はどう変化するのでしょうか。
楽しみです。     
                           亨

まめであること。

昨日でやっと大豆落しが終りました。
と言っても、茎から外れた状態になったというだけで、鞘の中にまだ豆が残っていたりするのもかなりあるので、ここからは手作業で地味に豆を取って行こうと思ってます。

しかし、まめな人とはよく言ったものですね。
豆落しの作業は、丁寧にやると時間もかかるけど残さず採れる、いい加減にやると結構な豆を捨てることになります。

やっていると段々嫌になって来て、全て捨ててしまいたくなる時もありますが、やっぱり家族に何よりも食べさせたい、良質なたんぱく源です。

今は食生活の変化で肉や乳製品が食卓によく出るようになりましたが、昔の人はきっとこうやって大事に大事に豆を落としていたのでしょう。

私たちは昔ながらの米、味噌、豆、野菜、海草などをよく食べる、この食生活が一番身体も精神も元気でいられると感じたので、やはりこの豆落しの作業は譲れないところです。

精出して、豆を落として、まめな人になろうっと。

高価なもの

新品の小型籾摺り機を購入し、やっとうちのお米を玄米で食べることができました。うちのお米は、やっぱり美味しいです。

さて、こちらに来て丸3年が経ちましたが、今までに買った高価なものを書いてみたいと思います。
(なかなか忙しくて時間が取れませんが、少しずつHPも含め、内容を充実して行けたらと思っています。)

 1、中古軽ワゴン車40万(これは、田舎では必須です。家族がいるから、やはりワゴン。)

 2、新品原付バイク13万(これもちょっとそこまでには便利です。ガソリンが値上がりしている今、節約には一番。) 

 3、草刈機(これも必要ですね。)

 4、チェンソー(薪の調達には、なくてはならない存在)

 5、中古精米機3万(玄米を食べる我が家では、いらなかった。)

 6、中古ハーべスター3万(お米の脱穀機。足踏み脱穀と唐蓑でも時間を惜しまなかったら、代用できます。うちも来年は足踏みなどを使ってどこまでできるかチャレンジです。)

 7、軽トラック(20年ものをいただきました。うーんあるとやはり重宝します。少しお金はかかるけど・・・。)

 8、草刈機2代目(これは消耗品みたいです。悲しいかな1代目動かなくなりました。)

 9、新品籾摺り機11万(玄米で食べる我が家には、必要です。)

 なんだかんだと、こういう暮らしをするにあたって必要なものはあります。最初は少し資金があった方がいいですね。結構出て行きます。
しかし貯金もほとんどなく、やって来た我が家ですが何とか生きて行けてます。奇跡かな。いえ、これもみなさんのお陰です。
みなさま来年もどうぞよろしくお願いいたします。

近頃

昨日、雛70羽やって来る。子供たち大騒ぎ。
これで只今合計180羽ほど。
循環する暮らしをイメージすると鶏を大量に飼うのは、少し方向が違うかなと考え始めたので、より小規模な養鶏にしていく予定。

お父さん
炭仕事はいよいよ本格的に。
これからの季節は、山に入っては木を切り出し、窯に並べては火をつけ、炭にしていきます。

1月には町内駅伝に出るため、練習開始。炭仕事の後、走っている。
去年は区間4位の好記録、今年は目指せ区間賞。

長女、小学校にて
 月曜日 英会話を教えに来ていただいているイギリスのマシューとクッキーを作る。
 水曜日 自分達で商品を考えて作って、売った水車祭りの売上金でお楽しみ会。クレープとフルーツ白玉作る。
 木曜日 授業の一環 蕎麦を育てるから採れた蕎麦で明日は蕎麦打ち。
 金曜日 6年生3人を送る会(来年は全校生徒9人に)
とっても毎日楽しそうである。

三女 3ヶ月。ほとんど首が座る。
私と次女、風邪引き。
いまだ終らぬ大豆落し。年内に終るのであろうか?
大根と白菜の漬物も仕込まなくては。

リサイクル

かなり寒くなりました。
今日は雨かと思えば、みぞれのようです。少し積もっているところも。
お父さんは、雨の中昼まで炭仕事。私は少し風邪気味で調子悪しです。

話は変わりますが、私は無駄なしというのが好きです。
勿体無いという言葉が好きです。
節約も好き。要するにケチ・・・ですよね。

今凝っているのは、無駄なしリサイクル料理。
うちは野菜は無農薬で作っているので大体の野菜は皮まで食べます。
大根葉なんて子供が大好きなので、よく食卓に出ます。
出しガラも昆布、鰹節などは佃煮に。
煮汁の残りもあの手この手でなるべく使いまわします。

今日は玄米大豆入りご飯があまってしまって、考えました。
この玄米、いただきもののクズ米で冷めるとかなり味が落ちて食べにくいのです。でも大豆はうちの美味しい大豆。
なのでぜひみんなに食べてもらいたい。
そこで閃き!

それを揚げシュウマイにしてみました。
玉ねぎとニンニクをよく炒めたのを混ぜ、つなぎに小麦粉と卵を。
皮は市販のものを購入。

お醤油をつけて頂くとまずまずです。
しめしめみんな食べているぞ。こういう時は嬉しいものです。

しかしまたまた包みきれなかった具が余ってしまいました・・・。
どうしよう?ハンバーグにでもしてみようかな。

時間

久々に、亨です。
僕が書くとよく「わけが解らん」と妻に言われますが、今回も多分訳が解らんでしょう。
瞑想とまではいかないんですが座って自分の体内の内部感覚を観ていますと、時間について最近面白いことに気がつきました。
身体の内側の感覚を観るとき、その感覚をカメラで切り取るようにして観ていることがあります。例えば、「あ右肩が少しだるい」というような感じです。それを少し味わってからまたカメラで写し取ります。「あ、だるさが少し広がった」という感覚に変わったりします。こんな感じで時間のある点と点とを結んで時間が流れたような気がしています。でもこれでは本当に身体の内部の流れをそのまま観じているとはいえないんですよね。
そこで出来るだけ「流れ」としての感覚を味わおうとします。
とことん、受動的になるというか、聞き役に徹します。
「ここを観よう。」とか「あそこを観よう」という能動的な行為は一切
受け付けないというか、いやそうしている自分をまた受動的に流れの中でとことん観る側に徹します。
自然と意識の焦点は広がって、身体全体をボーっと包み込むようになります。
身体全体をデジタルビデオカメラで撮影しているような感じとでも言うのでしょうか。(8ミリじゃだめです。あれはコマ数が多いだけで静止画をつないでいるだけですから)
そのうちに意識の主体というか、自分のこちら側とでもいうべきものが時間の外にいるような感覚がやってきました。
アインシュタインも言ってましたが、「宇宙に絶対的な時間などというものは存在しない。時間も相対的に存在するだけだ。」

ということは、微細な流れを忠実に感じるためには、こちら側の流れは止まるはずではないのか、という直感がやってきました。

とにかく、自分の身体の内部感覚を、ビデオで写すように、流れのまま観じてみてください。とーっても不思議な、ワクワクする世界がやってくること請け合いです。
(かの有名なお釈迦様も自分の呼吸を観つづけることで、すごい次元を発見しちゃったらしいですから。)       亨

楽園

今日も雨。
なかなか作業がはかどりません。
こういう日は、三女もあまり寝ず泣いてばかりで、多少お疲れ気味の私。姉ちゃんたちは家の中で大騒ぎ。賑やかな雨の日。

そういえば「人生の楽園」なるテレビ番組から、出演依頼のメールが来ました。
この番組、街に住んでいた頃は、大好きでいつも主人と見ていた番組。いいねえ、私たちもいつか出たいねえなんても言っていました。
しかし今は、ちょっとごめんなさい、しようと思います。

今は取材に対応できる状況でもないですし、実際、ここに住んでみて、ここが楽園かというのは、その人の心の持ち方次第で如何様にもなるのではと思います。
なので私たちの暮らしが決して楽園ではないと思うのです。

まだまだ日々修行中の毎日です。

飽きない私

さあ、もうすぐ年末です。
今年の作業も豆が終れば、もちつき、しめ縄作り、お父さんは年越し蕎麦打ちお手伝いで年が越せます。
今はお天気が良ければ、少しずつ大豆を落としているところです。

さて話は変わりますが、ここのところ毎日のように食べている焼き芋。
これがとっても美味しくて私は毎日食べても飽きないのです。
野菜が美味しいと凝った料理にしなくてもとっても美味しくいただけるのです。

私は、その野菜その野菜で定番というか、家族は嫌になっているかもしれませんが、お決まりの料理を作ってしまうのです。
和食好きなので、洋食はめったに作らない私。
ご飯に味噌汁。この毎日の定番に野菜中心のおかずが並びます。
例えば ごぼう→きんぴらごぼう
    ピーマン→じゃこ炒め
    人参葉→天ぷら
    里芋→煮っ転がし  などです。

いっぱいあるサツマイモは、この1ヶ月ほど毎日のようにおやつで焼き芋です。
天ぷらもしますが、ついつい一番美味しい食べ方をずうっとやってしまうのです。
さすがにここのところ、飽きてきました。
なので今日はリンゴとはちみつ煮にしました!
これがまた美味しくてまた当分はまってしまうのでしょう。
家族のみんな、ごめんね・・・。



だいずぅー!だいすきー!

大豆が少しですが食べられるようになったので、早速いただきました。

囲炉裏でゆっくりとゆで汁もたっぷり吸わせて、ほっこり煮上がりました。

試食すると、とっても甘ーい。
何も味付けしない大豆を試食と言わず、むしゃむしゃ食べてしまいました。お豆大好きな次女も気に入った様子。

試食用以外は、おじゃことかき揚天ぷらにしました。
本日私が一生懸命取り分けた大豆あっという間にみんなのお腹の中におさめられてしまいました。

今年は大豆が豊作です。
あああ、これで自家製豆腐も食べられる。
味噌玉にして、豆味噌を作りたい。
もちつきには石臼で引いてきな粉にしよう。豆乳も飲みたいなあー。
どんどん思いがふくらみます。
大豆大好き、おいしーいです。

足踏み脱穀機

機械が普及して、御用収めとなった足踏み脱穀機をいただきました。
少し痛んでいたので、お父さんが修理して見事復活しました。

これで早速、大豆を落としています。
なかなか調子がいいです。

太鼓のリズムに乗るように、大豆を次から次に落としていきます。
結構楽しい。
気分はドラマー。

夫婦2人で足踏みしながら、大豆を落としたりもできます。
遠くから見ると仲が良さそうに見えますが、実は喧嘩しながら、やっていたり・・・。

今週は日曜日は、娘の学芸会があるので、作業はできませんがそれ以外の日は大豆を落としていると思います。ぜひみなさん遊びにいらして下さいね。

5段活用

今日は、お豆を落とそうと思っていたが、冴えない天気で中止。
海の方まで、みんなで美味しい海の幸を求めにドライブに。(たまには気晴らしもするのです。)

ということで今日の夕飯は、イカ刺しと囲炉裏でイカ焼き。
どちらも美味しゅうございました。
白菜が採れ始めたので、カボスとごま油、醤油でサラダに。子供にえらく受けました。
大根の煮物も。(残り物)

しかしこの囲炉裏。寒くなってきて重宝しています。
農作業が忙しい時は、昼ごはんの後に煮物を仕込んで囲炉裏に掛けていきます。5時頃帰って来ると、煮物はいい感じになっています。まさに忙しい農夫の片腕です。

近頃、毎日のように食べる焼き芋。
囲炉裏の灰の中に入れておくと美味しくできます。
さらにその上では、煮物が火にかけられ、そばの鉄瓶にはお湯が保温されています。
しかも天気の悪い日は、囲炉裏部屋は洗濯物の乾燥場。
そして暖も取れる。
おおおお、これは正に囲炉裏の五段活用です。
プロフィール

ゆっこ母さん

Author:ゆっこ母さん
最近迷惑コメントが多いので、一度目を通してから公開します。
すぐに公開されませんが、どしどしコメントお待ちしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。