スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩御飯

ban.jpg

すっごい苦労したのに何だかまともな写真が載せられません。
仕方ないHPの近頃フォトの方に大きいのを載せます。
見えないけど、昨日の晩御飯
里芋の煮物、つくしの天ぷら、春野草の梅酢醤油サラダ、のびるのゴマ味噌和え、赤米入りご飯、味噌汁、沢庵です。

ちなみにお昼は卵の出荷がてら、子供とお弁当を持って公園に。
小豆玄米ご飯、目玉焼き(卵が入っていると喜ぶ)、人参きんぴら、昆布佃煮、切干大根、

今日も美味しくご馳走様でした。
スポンサーサイト

春休み

久々の近況報告です。

暑さ寒さも彼岸までという言葉がありますが、本当にいきなり春になりました。
暖かくなると夜更かしができるので、ちょっと嬉しいです。
自分の時間ができますからね。何せ冬は寒くて寝るに限る。パソコンも寒くてあまりできない。

子供の小学校も今日から春休みで、ひとまず今年はお疲れ様ー。ホッ!


もう冬野菜も終わりを告げ、これからはしばらく端境期で野菜も品薄状態が当分続きます。
なので近頃子供と山菜を求めてうろついています。
今はつくしがちらちら出ています。
タケノコ早く出ないかなあ。わらびも美味しい。なんて心待ちにしています。
冬はおやつも焼き芋やお餅がほとんどの我が家ですが、春になると久々にパンを焼きたくなりました。
天然酵母もよく膨らむし、春休みは子供とパン作りをしようかな。

パンフレットできました

手書きで不格好ながら、とりあえず仮の自給自足学びの場のパンフレットができました。
興味が御ありの方は、メールにてお申し込み下さい。
FAXでの送信も可能です。

自給自足学びの場

みなさんにお知らせです。
5月より毎月第2日曜日、1年間、朝9時より自然農による田畑での作業、自給自足のための労働の学びの場を設けます。

午前中は田畑中心の作業でしっかり汗を流し、お昼は自然農による米、野菜、味噌中心のお食事をいただき、午後は炭道(前のブログ参照)や自然療法、なども受けたい方は受けて自由なひと時を過ごしていただきます。

尚、この学びの場は私たち自身が皆さんと共に学びを深めさせていただくため、料金はいただきません。

お申し込み、お問い合わせはメールにてお願いします。
パンフレットも作成中です。

3年間

前回閃きについて書きましたが、ここに至る3年間を少し振り返ってみました。
私自身、3年3年とやたらブログでも使っていますが、こちらに来てからの3年間は私たちにとって正に開墾の時期でした。

それはもちろん荒れた畑を開墾し、田んぼを不耕起でやり始め、子供を産み、鶏小屋を建て、とにかく生活するための空間を確保するので大変な時期でした。(幸い家だけは何とか雨漏りはしますが、すぐに使える状態だったので有り難かったです。)

そんな開墾の日々だったのですが、それと同時に自分達自身の心の開墾も行っていたように思います。
それは今まで好き勝手に何も知らず育って来た私たちに真の心の変革というかそういう時期でもあったと思います。
近頃かなりクリアーに物事が考えられるようになってきて、2人で落着いて話ができるようになってきました。
と言ってもこちらに来てから、そんなに毎日苦しいというわけではなかったのですが、美味しい美味しいとばかり言っていた時期でもありました、ここに来た真の意味というのを探っていた時期でもあったように思います。

お父さんなんて特に40歳手前でこちらに来て、今年は後厄なのですが、今まで背負ってきたものが、いっぱいあり大変だったのだなあと今にして思います。
大好きな歌舞伎座の仕事を捨てて、こちらにやって来た。
今は上手く書けませんが、粋で華やかで見栄や男気があり、酒と仲間を愛していた職人気質な世界から、突然何もないここに来てさぞ葛藤があったんだなあと思います。

この間読んだ本で30歳代までは学びの年、40代からは返して行く年、50代からは導いていく年と書いてありました。
それを読んで私は「お父さんは、もう返して行く年齢だね。」と言いました。
お父さんもその言葉に妙に納得しておりました。

多分これを読んでいる方はよく解らないでしょうがこの頃今までの3年というのが、しっかりまとまった日々なのですよ。今日は乱文にて失礼いたします。

今年できたこと

田舎暮らし4年めに入り、この時期にやっとできたこと。

  花の種を蒔く。今までそんなことまで考えられませんでした。
  果樹苗の種類を増やす。毎年定植の時期を逃してしまっていました。
  少しまともな確定申告ができました。1年間のお金の収支を何とかつけられました。
  沢庵、切干大根充実。今年はいっぱいできたよお。

暮らしを豊かにする方向に毎年ほんのわずかですが、動いて行っております。

閃き

私たちの中でこちらに来てからの暮らしを皆に伝えたいという想いがずっとありました。
でもそれをどうやって皆に伝えていいか解らず、一体自分達に何ができるのだろうかと言う今までは自問の日々もありました。

しかし近頃色々な働きかけがあって、今日夫婦で同じことが閃きました。
すっごくストンと胸に落ちた。今までのつっかえが無くなったかのようにスッとした。
夫婦2人で同じことを考えるなんて、正にビンゴ!という感じでした。
さあさあ、もう春ですし冬眠も終えて、行動に移していきましょう。

島村菜津さん

昨日は町内でノンフィクション作家の島村菜津さんの講演会があった。
元々この私たちが住む石畳地区とご縁が深いお方、講演後に我が家にやって来られた。

囲炉裏を囲んで、我が家の米、野菜を食べていただき、色んなお話を聞いた。
仕事柄とても情報量の多い方でさすがだなあと思いました。しかも気さくでパワフル、そして我が長女と同い年の娘を持つ母親、著書「スローフードな日本」は前にもブログで紹介して面白い本だったのですが、その本との印象とは打って変わってという感じでした。

また来ますなんて言って、さわやかに帰って行かれましたが、またお会いできたら、今度はゆっくりじっくりお話してみたいものです。
プロフィール

ゆっこ母さん

Author:ゆっこ母さん
最近迷惑コメントが多いので、一度目を通してから公開します。
すぐに公開されませんが、どしどしコメントお待ちしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。